2015年05月19日

2WAY spiky Semilong/ROUND新サイズ 中深海スローピッチ&200m~青物狙いにピッタリ

東京湾、相模湾のサワラ&タチウオやスロージギングのホウボウなどで大活躍の2WAYspikyセミロングROUNDに中深海にバッチリな新サイズ175g,205g,250g,300gが登場します!

20150518_132400.jpg

2WAYspikyシリーズ人気のハニービーパターンのカラーサンプルも到着しました。

セミロングROUNDの300gとロング145gはほぼ同じ長さ。セミロングROUNDは裏面かまぼこ型の効果により、ストレートにフォールして細かく誘うタイプのジグ。そのためディープエリアのカンパチ、ヒラマサ、ブリなど青物狙いには最適。潮に流されにくく、操作し易いというのも深場ジギングにおいて利点となります。

20150503_110949.jpg

<2WAYspikyセミロングROUND ウエイト別 解説>

85g(販売中):相模湾カツオ、キハダマグロのバーチカルジギングで活躍。東京湾シーバスジギングのヒットジグ。シャローレンジのスロージギングでヒラメ、マゴチ。キャスティングで広範囲を探るスピスローのマダイ、ヒラメにもピッタリ。

115g(販売中):相模湾のサワラ、東京湾のサワラ、ワラサで大活躍で、今春は品切れ続出。とくにブルピン07GとベーシックピンクBS-Pはアット的な人気でした。波崎沖の水深60mまでのホウボウジギングでも大活躍。底を這わせるように誘うのがキモ!! スロージギングのヒラメ、マダイ狙いの定番ジグです。

145g(販売中):東京湾、駿河湾のタチウオジギングで爆釣。また相模湾、東京湾のサワラジギングでも大活躍。イワシを追っているときのブリ、ワラサ、ヒラマサに使われ、実績も抜群。もちろん波崎沖の水深60mまでのホウボウジギングでも大活躍中です。

20150503_110200.jpg

175g(新サイズ):上越のブリ、日本海酒田沖のブリ、ヒラマサ。東北太平洋岸、北海道のブリマニアの切望サイズ(笑)です。イワシ、コウナゴを追っているときのブリ、ワラサにピッタリ。スロージギングの水深100~200mでも活躍するはず。

205g(新サイズ):潮が速くちょい深場の1ピッチジャークで狙うカンパチ、ヒラマサ、ブリ、ワラサ用です。外房の水深60~80mのブリ、ワラサにもバッチリ。プチ遠征のキハダマグロ、デカカンパチ、オオマサのバーチカルジギングで活躍しそう。
スロージギングでのキンメ、クロムツ,イシナギ、マハタ狙いの水深200mまでをカバー。

250g(新サイズ):沖縄、小笠原海域の水深200~300mでカンパチ、八丈島、御蔵島、イナンバのヒラマサ、カンパチ&キハダをターゲットに設定されたサイズ。
ディープのスローピッチで狙うキンメ、アカムツ、クロムツにもピッタリ。ディープのスローはタマゴ型が中心ですが、リアルベイトに近づけたセミロングは今年のトレンドになりそう。沈下も早く、巻き上げも楽々...

300g(新サイズ):水深200~300mでのヒラマサ、カンパチ&キハダ、メダイに設定された最大サイズ。250g同様、ディープのスローピッチで狙うキンメ、アカムツ、クロムツにもピッタリです。セミロングの利点はベイトサイズに近い&水の抵抗が少なく、ディープゾーンでのキビキビアクションが可能。2WAY spiky Normal250g.300gとの使い分けで根こそぎゲット!!



youtube:55HARADA
posted by tama at 12:21| 日記