2020年09月17日

TT Eagle230F/versionG プロトモデル2回目テスト!

TT.Eagleシリーズの生みの親、原田佐敏さんより、今季発売予定のTT.Eagle ver.Gの230DS、2度目のスイムテストの結果報告が届きました!

20200915_2516053.jpg

強風で海がバタバタで悪い中でもSTAND:垂直浮き70度は1ピッチに完璧対応、水面直下で美しいS字を描きました。
FLAT:水平〜斜め浮き40度は、アクションは苦手(笑) 
とにかく浮かせて待つのがコンセプト。でも40度より随分フラットで20度くらいか?

20200527_2481805.jpg

フック8g&リングの設定です。
自分好む、刺さり抜群のDECOY Y-S82 #5/0を使いました。
大物狙いはできるだけ大きなフックを使いたいものです。
8~9gの太軸だと#4/0かな。

前回のテストでPE6&140LBでの飛距離、浮き姿勢、STANDのワンピッチジャークともじっくりテストの結果、納得でしたが...さらに素材を変え、ウエイト位置も少し変え80度→70度。35度→40度に変更。

もう完璧の太鼓判を押したのに...(笑)
またすぐ3回目のプロトモデルが到着するようです。
さすが職人、妥協しません!!

20200806_2502818.jpg

(前身モデルのTT Eagle230Fでは、70kgクラスのキハダ3匹をゲット!! 日立沖のマカジキ、キハダの大型、伊豆のサンマパターンでもダントツの釣果を記録してきました。)

versionGは浮力が強く...
次回のテストでは#5/0クラス:フック&リングを試します。
1stテスト品は回収リトリーブでは勝手にS字スイム。1ピッチジャークはトレブルの方が軽快!!
さて次回のテストはどうなるでしょう。


posted by tama at 17:31| 日記